自己紹介

【概要】

1969年11月生。神奈川県川崎市出身。三人兄弟の長男。
妻と猫のハナ、預かり猫のにゃん太郎と2LDKのマンション暮らし(東京都板橋区)。
2011年6月8日に第一子が産まれました!
170cm/67kg。短髪・軽装を好む。
体力はあるが胃腸が弱い。
喫煙・ギャンブルは卒業。
飲み会は好き(強いと言われるが実は妻のほうが強い)
野球が得意だったが40肩に悩まされる。ゴルフのベストは98。
管理職、経営者に徹しきれないプログラミング好きな不惑のソーシャルRIAアプリ開発者。

【(IT関連の)略歴】

高校球児(関東大会出場!)、飲食店経営(1年で廃業)、離婚(ToT)、麻雀店店長等を経て

  • 1998年 独学で情報処理2種試験に合格
  • 1999年 株式会社ピースリーに入社。お客様先に常駐して大規模組み込みシステム開発(携帯電話)のデバイスドライバ・ミドルウェア開発に従事(3年間)。アセンブラ、C言語。コンピュータの基本原理や、各種データ構造、メモリ管理、マルチタスクや排他制御、非同期処理といった基本的なプログラミング手法に習熟。さらに高品質ソフトウェア開発プロセスに習熟。
  • 2002年 ユーザと直接やりとりする機能を担当したくなりアプリケーション開発者の道に進む。βリリース段階だったMicrosoft.NET構想に魅せられて特化戦略を提言。翌年取締役に。売上600%増に貢献。C#、VB.NET、ソフトウェア開発技術者、MCSD.NET、XML Master等。
  • 2005年 フリーランスになる。転職時の目標年収を達成。過去の借金完済。社会貢献を意識し始める。C#。
  • 2006年 カシオソフト上海(当時社員数120人)に赴任してオフショア開発プロジェクトの標準化・品質保証を統括。社外活動にも取り組み始める(コミュニティ運営執筆講演
  • 2008年 遅まきながらオープンソース、インターネットアプリケーションの可能性に魅せられる。Ruby、ActionScript、Linuxサーバ構築・運用、再婚。
  • 2010年 某語学学校と提携。ソーシャル学習アプリのサービスを開始するため日本に帰国。株式会社NYANGOを設立してCEO兼CTOに就任。
  • 2011年 東日本大地震。妻の出身地が壊滅的な被害。複数の支援活動・プロジェクトに従事。IT系ではお店再開情報マップ、特化型ECサイト「南三陸町 de お買い物」などを開発・運営。

【設計・開発スキル一覧】

項目 内容
プログラミング言語 【現在のメイン】Ruby(2y) / PHP(6m) / ActionScript(2y) / Java(3m) / JavaScript(1y) / XHTML+CSS / XML
【過去の実績】ASM/C/C++(3y) / VC++(1y) / C#(4y) / VB.NET(2y)
データベース 【現在のメイン】MySQL(2y) / SQLite(6m) / memcached(1y)
【過去の実績】SQL Server(5y) / Oracle(1y)
IDE(統合開発環境) 【現在のメイン】Ecrips(2y),NetBeans(2y)
【過去の実績】Visual Studio(6y)
ターゲットOS Linux、Windows、μItron
開発フレームワーク・方法論 Rails / FLEX / REST / JQuery / OpenSocial / マッシュ・アップ(各種API活用) / ASP.NET / Microsoft.NET / オブジェクト指向・UML / ウォータフォール / アジャイル
設計スキル 標準化や各種規約作成・レビュー / アーキテクチャ設計 / 共通コンポーネント / パフォーマンスチューニング等の経験
サーバスキル VPSを複数運用中。CentOS / Apache / MySQL / cron / iptables / passenger / memcached / postfix / SSH / FTP / rsync / mysql replication等
OSSツール ECCUBE / phpMyAdmin / Redmine / Webmin / pukiwiki / WordPress

【エピソード(仕事の速さ編)】

●簡易数値計算インタプリタコンポーネント開発
金融システム系ベンチャー(当時マザーズ、現在一部)のパッケージ開発(クライアント側アプリ、ピーク時50人規模)に共通コンポーネント開発者として参画(2ヶ月)。スレッドセーフな汎用グリッド等を開発。ある日、『ユーザが任意の計算式をもつ列をグリッドに追加できる機能』の開発を依頼される。
エンジンだけでなく、仕様書、サンプルプログラム、GUIを含めて3日で開発して驚かれた。

●電力使用量チャートの技術検証・プロトタイプ作成
Unix上で動くOracleデータベースからデータを読み込んで、Windowsクライアントアプリケーション上のグリッド上に一定間隔でチャートを描画していく機能
納期2週間で依頼されたが、2日で仕様書等を含めて開発。絶賛される。チャートはGDI+、データベース連携はトリガ、Socketを利用。

その他「もうできたんですか?」と言われること多数。

【関心のあるキーワード】

OpenSocial、ソーシャル・ラーニング、スマートフォン(Android)、
LAMP、RIA(FLEX)、Ruby、KVS(Key Value Store)、並列処理、EC2、GAE、ホワイトクラウド…