東京だからこそできること=>被災地産品の風評被害

南三陸側に協力なパートナーができたので、今後は東京に腰をすえて活動していきます。

具体的には白紙ですが、
「東京だからこそできること」
をキーワードに模索しています。

東京って何か?

と考えた場合の答えはたくさんあると思いますが、
その中に”大消費地”が入ってくるのは確実です。

では、その「大消費地」で何ができるか?

と考えた場合に、もちろん被災地のものを購入するというのはあるのですが、
それは既に手がけているので、別のことを考えています。

今のところ、もっとも注目しているのは「風評被害」です。

先日の行こうツアーで、
マルアラ及川さん(水産加工会社経営、浜にも詳しい)との質疑応答があったのですが、
被災地産品の風評被害は生産側でなく消費地側がボールを握っているように感じました。
例えば以下のようなやりとりがありました。

参加者>放射線測定は行なっているのですよね?
及川さん>もちろん。検出せず。万が一検出された場合は出荷しない。
参加者>でも、スーパーとかで測定結果を見たことがないのですが?
及川さん>一時期、測定結果を積極的に掲示した。掲示すればするほど売上が落ちるので掲示しなくなった。「なんで汚染された食品を置くんだ!」という苦情もあれば、「なんで被災地の食品を置かないんだ!」という苦情もあり、スーパーさんも被災地は応援はしたいが悩ましい状態。

浜のお母さんたちも鮭の価格暴落には心をいためていました。

昨日の宮城ドリプラでも、風評被害に苦しんでいる話を聞きました。(亘理の「鳥の海ふれあい市場」)

みちのく起業の二次選考でも宮城の六次産業化の大御所から、
「情報発信する時は地元産品の販促だけじゃなくて、風評被害対策も考慮しろよな。」
と脅かされ、、じゃなくて励まされました。

まずは以下の様な手順で進めていこうと思います。

手順1.過去事例(BSEとか中国野菜とか)を扱った書籍をオトナ買い
手順2.良書を選ぶ
手順3.有志と一緒に読書会を開催
手順4.アクションを考える
手順5.アクションする


その他メモ

・風評被害は全ての産品で発生しているわけではありません。

例えば「ワカメ」は、通常より3・4割高く取引されました。
高く取引された理由について、マルアラさんによれば
「三陸ワカメは代替品がない。(他産地とは比べ物にならないほど美味しい)から」
とのことでした。

そもそも風評なの?事実では?

以下の様に様々な団体が専門機関に委託して実施して、
検出されなかった食品だけが出荷されています。

毎月、宮城県が東北大学などに委託して実施しています。 
 http://www.pref.miyagi.jp/syokushin/nuclear/index.htm

さらにCOOPなどの食品販売会社が独自に測定して、販売しています。
http://www.coopnet.jp/radioactive/jishukensa.php

南三陸の漁協・加工会社も独自に委託検査を行なっています。
例えば歌津漁協です
http://www.odette-shop.com/user_data/images/wakame/result0418.pdf

「全員が共同で嘘をついているのでは?」という疑問もあるかもしれませんが、
私はそれはないと思います。

例えば、南三陸町だけでも約1,000人の漁師がいます。
その家族、さらに加工、販売に従事する人たちも合わせると
関係者(なんとなく事実を知ってしまう立場にある人)は数千人になります。

インターネットが発達している現代、これだけ多くの関係者がいる場合、
そこに「嘘」や「不正」があれば、必ず内部告発があります。

「放射線の影響を受けやすい」と言われる
小さいお子さんを持つ家庭も少なくありません。
(妻の南三陸の実家には5歳、8歳の子供がいます。)

そういう人たちが全員
「風評を抑えるために隠蔽を隠す。子供たちに食べさせる」
なんてことはありえません。

「検出されていない」と、私は思います。

2 Comments

  1. こんばんは。ご無沙汰しています。

    私の母方の親戚が福島(郡山)にいるからか、私自身この風評被害には
    頭にきていることが多々あります。

    ママ友で「千葉も放射能汚染があるかもしれないから住めない」
    「西の生産物しか食べれない」といって関西に越して行った人。
    彼女の隣の家の奥さまは福島原発で立ち入り禁止区域がご実家でした。
    その奥さまに彼女は引っ越し理由を正直に伝えていきました…

    近所のスーパーで長野産のレタスが売り切れ、群馬産のレタスに積みなおす
    店員さんに「札を替えてから積め!群馬産を間違って買ったらどうするんだ!」
    と怒鳴る男性。
    私と同じタイミングでレタスを買ったあるご婦人は「田舎が群馬なんです」と
    苦笑い。男性の怒号を聞かれてたようです…

    百歩譲って、例え大丈夫であっても信用できずに買わないのは個人の自由。
    でもその人の言動・態度で人を傷つけることまでその中には含まれません。
    今起きている風評被害はそっちの方が多い気がして悲しいです。

    風評被害にのっかっている人にはぜひ
    単に買わない・住まないではなく、どうであったら今否定している物を
    受け入れられるのか、それを考え教えてほしいものです。
    それがわかれば、お互いが歩み寄っていつかは風評も消えると思うのですが。

    我が家はとりあえずこれからも変わらず地産消費・可能な限りの東北産消費を
    心がけたいと思います。^o^

  2. ムムムムム。こんな人たちが本当にいるんですね。

    幸い、うちの近所のスーパーでは、不快な場面に出会ったことはありません。
    店長の奥様が南三陸町出身でご親族を亡くされたようなので、
    一時期は店頭に熱いメッセージが掲示されていました。
    ですので、お客様も共感・理解があるのかも。

    > でもその人の言動・態度で人を傷つけることまでその中には含まれません。
    まったく、同感です。
    ご自身が食べない、買わないのは、やむを得ないと思いますが、これは悔しいですね。

    > 我が家はとりあえずこれからも変わらず地産消費・可能な限りの東北産消費を
    > 心がけたいと思います。^o^
    私もですー。実際、応援とか義務感抜きで美味しいモノが多いですしね。^^
    メッセージ、生産者の方にお届けしたいと思います!!

コメントをお寄せください