Archive for 6月, 2010

アラート機能の利用状況と学習状況の関連について

オンライン中国語学習ツール「天天STUDY」には、 失念防止&学習を促すアラートメールを設定・配信できる機能があります。 この機能の利用状況と学習状況との関連を確認してみたところ、以下のようになりました。 全体利用率:46% 学習ランキング上位20人の利用率:75% 学習ランキング上位10人の利用率:80% 学習ランキング上位5人の利用率:100% 語彙学習の意欲が高い人には重宝されているようです。^^ アラートメールの内容は、現在は定型文ですが、将来的には 「日刊HSK(3,869部)」の編集後記と連動させたり、 読み物としても楽しめるようにしていきたいと考えています。

天天STUDY利用状況(利用TOP10発表、6/21~6/25)

天天STUDYを限定公開(50ユーザ)してから5日間が経過しました。 5日間の利用状況を集計してみたところ、 なんと合計で1時間以上、ご利用くださった方が2名いらしゃいます!! お二方とも問題点の指摘と同時に励ましのメッセージをいただいています。 嬉しい!! このお二人のことを常に頭に思い浮かべながらシステムを強化していこうと思います! え? ひいきは良くない?  そうかもしれませんが、NYANGOの目指すところとは違います。 NYANGOは学びの機会均等の保証を目指していますが結果均等は重視していません。 頑張る人を応援したいのです。 2010年6月21日~25日の利用状況 Rank 総学習アイテム数 総学習時間(秒) 1 868 6504 2 292 4049 3 146 1616 4 114 1579 5 116 1128 6 92 1045 7 92 1002 8 56 795 9 38 719 10 36 618 *学習アイテム数:あるアイテムのクイズをといた回数。1アイテムに5回挑戦すれば5回。 *学習時間:クイズをといている時間。1アイテムの出題~回答まで(最大10秒) 解説を読んでいる時間は含まない。

天天STUDYの初日の結果

オンライン中国語学習ツール「天天STUDY」にご登録&コメントくださったみなさま、ありがとうございます! わかりづらいインターフェースや不具合があり申し訳ありません。 日々改善してまいりますので、懲りずにどうぞよろしくお願いします!! 初日の利用状況をまとめてました。(そのうちポータルサイトに自動掲載します。) 2010年6月21日の利用状況 項目 値 学習者数 18名 学習率 36% 総学習アイテム数 1002 学習時間数(合計) 9119秒(151分、2.53時間) 学習時間数(一人平均) 506秒(8.44分) ちなみに最も学習した方は、 294アイテム、1490秒 とダントツでした。 嬉しい。^^; ようやくITを活用した学び支援を開始できたようです。 数ヶ月は時間に追われると思いますが頑張ります。

インターネット中国語学習ツール「天天STUDY」を公開しました。

インターネット中国語学習ツール「天天STUDY」はこちら 2年間の試行錯誤の1つの結果です。 上海で多くの短期留学生を受け入れている中国語語学学校のELCさんと共同開発しました。 図1.天天STUDYの学習画面例 天天STUDYの5つの特長 「天天STUDY」には主に5つの特長があります。 1.語彙、文法、リスニングの学習が可能 2.全ての語彙に例文と音声が付属 3.苦手な語彙を自動集計して集中学習が可能 4.さまざまなパターンの学習方法(図2)が可能 → 丸暗記でなく文脈や耳で覚えられる! 5.学習を支援する様々なツール(ゴール設定、単語帳(図4)、オンライン辞書、…)が付属 番外:ELCのユニークな雰囲気をWeb上でも再現しようとしている。 図2.様々な方法による学習が可能です。 「聴く」ことへのこだわり 日本人にとって中国語を読むことは比較的簡単ですが、聞く・話すのは容易ではありません。 その原因は「声調」。同じ発音でも声調が異なれば全く違う意味になります。 日本語で言えば、橋(はし)と箸(はし)の違いが全ての語彙に適用されている感じです。 天天STUDYは語彙を「聴く」ことにこだわった学習が可能です。 今回リリースしたコンテンツは、HSK(*)の語彙体系に準拠した500語。 全8022語に順次対応していきます。 さらに文法問題、声調問題、試験対策、ソーシャル機能、モバイル対応と強化していきます。 語学学習は「継続」が命。 単調になりがちな学習を、ELCの看板娘シオリさんの暖かいイラストでホッとさせてくれます。 図3.シオリさんの暖かいイラスト 利用料金は? 当面(できればず~~~~っと)、無料でご提供します。 収益化については今後の課題として、まずはより多くの方に知って&利用していただくことに重点を置いています。なお今回は限定公開なので50人までしか新規登録できませんが、月末には一般公開する予定です。 図4.語彙一覧から容易に単語帳へ ということで引き続き頑張ります! (*)漢語水平考試/Hanyu Shuipin Kaoshi。中国政府が公認している唯一の資格。

野球部OB会

オンライン中国語学習ツール「天天STUDY」の公開を控えて、昼夜の別なく張り切ってます。 そんな中、本日は母校の野球部のOB会でした。 ボクは23期生で、現在の一年生はなんと48期(!) 恩師の先生は80歳(!) 当時の監督、コーチ、大先輩、同級生、後輩と話してやる気が湧いてきました。 練習きつかったなぁ・・・。休みも正月三ヶ日だけだったし。 ちなみに我が野球部はボクたちの時代も成績は良かったのですが、その前の10数年間が全盛期。 強豪揃いの神奈川県で公立高校が 第一シード×2(春にベスト4以上)、第二シード×1、第三シード×3。 今では「新城?どこそれ?」という感じですが・・(^_^;) 何年かぶりで校歌を歌いましたが、完璧に覚えていました。 語学だと覚えたそばから忘れていくのに不思議です。

かわいくない写真(ハナ&ニャン太郎)

二匹で寄り添って昼寝していました。 ほほえましい写真が撮れると思ったのですが・・・。 思わず「ご・ご・ごめん」と謝罪しました。

実行ファイルのサイズ増大中(1.5MB)

あるネットサービスを6月中一般公開目標で開発中。 ニッチな分野だけどNo1のサービスになるのが目標。 リリース時点でNo1(というかオンリーワン)なのは確実なので、 後はそれをどう収益化して継続してサービス提供し続けられるかどうかが勝負です。

redmineのデータ移行(文書編)

プロジェクト管理にredmineを使っています。 データベースはMySQLも選択できるけどあえてSQLite3。 フォルダをコピーするだけで新しい環境に移行できるので便利。 新しいプロジェクトに過去のデータ(文書)を移行したくなったのだけど手作業でやるのは面倒。 マイグレーションファイルが100個以上あるのでデータベースの構造を調べるのも面倒・・・。 で、ちょっと調べてみたらSQLite Managerという便利なツールがあることがわかった。

ドメイン名とIPアドレスの関連付け〜ムームードメインで取得したドメインをさくらのネームサーバを使ってホワイトクラウドの仮想サーバに割り当てる方法

なんとも長いタイトルですが、それぞれのサービスに以下の特徴があるのでこのような事をしています。 ・ムームードメインはドメイン取得・維持費が安い。(comドメインの場合、さくら:1800円、ムームー:950円) ・さくらは専用サーバを借りているとネームサーバを10個まで無料で使わせてくれる。 ・ホワイトクラウドはネームサービスを提供していない。(有償オプションになる模様) 手順は以下になります。

Rails + NetBeans6.8 + UbuntuにFastdebuggerインストール

アプリケーションの開発を再開。 6月中というリリーススケジュールを達成するために機能を削減しました。 サーバ側プログラムはRailsで実装。開発環境はUbuntu上にNetBeans。 上海でやっていた時はUbuntu8.04、NetBeans6.5だったので、 それぞれUbuntu10.04,NetBeans6.8にアップデートした。 順調に移行できたが一つだけ困ったのでメモ