Archive for 1月, 2011

男の子のようです。

妻の定期健診に一緒に行ってきました。現在18週。 土曜日だったせいか前回は皆無だった男性陣がちらほら。 2時間くらい待って診察室へ。 ここの先生は、とても忙しいのにいつもきちんと説明してくれるので好感度大。 その分、待ち時間長いんですけどね。(笑 前回に続きエコーをみながら、先生が解説してくれます。 心臓がピコピコピコピコ動いてるのはハッキリと確認できます。 元気でよかった!!! でも心臓以外では、頭の形がわかるくらいで、 私には何が写ってるのかよくわかりません。(汗 しかしプロフェッショナルである先生には既に、、、 性別! が、わかったようです。おもむろに、、、 「性別知りたいですか?」 と質問されました。来たぁ~~~~。 事前に話し合っていたので妻が即答します。 「知りたいです。」 で、先生が解説を始めます。 先生>ここがお尻で、ここが足で、ここも足で、こんな角度で写っている状態です。 私達>はい。 (実は、さっぱりわからない) 先生>で、ココに白い小さいのがありますよね。 私達>はい。 (これはわかる。) 先生>間違えることもありますが、、、 私達>はい・・・。 先生>男の子かもしれませんねーーー。 ということで、男の子の可能性が高いようです。 # 妻によると「へその緒と間違えることがあるらしい」そうです。

たまちゃんカメラ設置完了

妻、帰省二日目。 妻が実家にカメラ、マイク、SKYPEアカウントを用意しました。 6月に我が家の一員となるたまちゃんの様子をよりリアルに伝えるのが主な目的。 試験を兼ねて妻とご両親とVideo通話しました。 緊張。^_^; 「伸一くんはいいから、猫を映して。」とお父さんが助け舟を出してくれたので、 リクエストに答えてネコ軍団の食事シーンなどを放映。 むこうもジャックを映してくれました。相変わらず巨大(体重8kg) 6月の出産に向けて、色々と予習(*1)しているわけですが、 やっぱり初心者・二人世帯では厳しいです。 お母さんは3週間、お父さんも顔を出してくれるとのことで心強い&安心。 着々とたまちゃんを迎える準備が整ってきました。 (*1)「ボブグリーンの父親日記」がよかったです。agataさん、推薦ありがとうございました!

妻(とたまちゃん)、帰省中

妻は5ヶ月目に入ってちょっと落ち着いてきたので、今日からたまちゃん(仮名)をつれて短期帰省です。 妻の実家は四世代が暮らす大家族。 おばあちゃんとおじいちゃんがとても喜んでくれているそうでありがたいことです。 ということで、家にはボクとネコ軍団だけ。 今日は仕事が遅くなったので帰宅後は予想どおり。 よっぽどお腹が空いていたのでしょう。 遅くなってごめんにゃ。。。 健康維持のための筋トレ、 中国語の語彙強化、 さらに、Amazonに出品していた本が売れたのでコンビニから発送、 そして風呂。 今夜は忙しい。 でも「父」は頑張ります。^^

妊娠・出産・育児書について

リクエストがあったので、我が家にある妊娠・出産・育児関連の書籍を一挙紹介します。 (トリさん、ご参考になれば!!) 分類として「妊娠・出産」「育児(一般)」「育児(闘病、障がい)」にわけてみました。 ■■■■■■■■■■■■■■■ ■ 妊娠・出産 ■■■■■■■■■■■■■■■ まず妊娠・出産について医学的な視点から体系的にかかれた以下2冊。かなり分厚いです。 はじめての妊娠・出産・育児―お母さんと赤ちゃんのための安心メッセージ すべてがわかる妊娠と出産の本 「はじめての・・・」のほうは日本の産科医が書いた本で、270ページくらいありますが、 イラストが豊富で文章量はそれほど多くないので一気に読めます。 全体像を把握するのに良いと思います。 「すべてが・・・」のほうはアメリカのベストセラーの訳書です。(上記の著者が訳者) 分厚い(450ページ以上)上に、文章中心なので情報量は凄いです。 Q&A形式の説明が多いので読みやすいです。 妊娠1ヶ月、2ヶ月、…、10ヶ月と1ヶ月ごとに章が設けられていて その時期ごとに目を通すという使い方ができます。 まず「はじめての・・・」を読んで「すべてが・・・」をリファレンス的に使うといいのではないでしょうか。 そして、以下はおすすめのコミック。 ご出産! 続ご出産! 新ご出産 医学的な一般論も参考になりますが、 実際に出産されたお母さん視点の個別事例をリアリティあふれるマンガで知ることができます。 想像よりもはるかに「つわりはつらい」「出産は大変(痛い!)」ということが実感できました。 というか”大変”というレベルでなく「怖い・・・」 お母さん、ありがとう。m(__)m また、 「こんなに(妊娠中の悪阻の軽重や出産時の痛みに)個人差があるんだ!」 と驚かされます。 自分の周りの限られた事例や平均値(例えば5ヶ月目から安定期、つわりおさまる)と比較したりすることは、 あまり意味がない(というか害がある)と思いました。 あとは、妻はインターネット上のQ&Aサイトや掲示板で 同じ時期にある人、同じ症状のある人の情報を見て参考にしています。 面白いなと思ったのが以下のサイト。妊娠中に好きなる食べ物ランキングです。 一位:トマト、二位:フライドポテトなど。かなり当てはまってました。 http://www.pixy.cx/~kamosika/lucky.htm ■■■■■■■■■■■■■■■ ■ 育児(一般) ■■■■■■■■■■■■■■■ 育児書は5冊で、うち3冊はマンガと文章が半々という感じの本。 とても参考になったのは、以下の2冊。 子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻 子育てハッピーアドバイス もっと知りたい 小児科の巻2 これを読まずに子育てに突入したら100回くらい無駄に病院に行くはめになったと思います。 子育てレインボウ―涙の先には虹がある! は、画風や話が笑えました。主人公のコウちゃんの真似がブームです。 子育てマンガ「心の基地」はおかあさん―やる気と思いやりを育てる親子実例集 は、子育てでよく頭を悩ますようなシーンごとの悪い例、良い例をマンガで表現して、 [...]

かつまた家の人々 in 実家

1月3日に家族が集まりました。下は集合写真。 これだけ集まるのは正月だけです。 気になるであろうところを説明しておくと、、、 金髪のボンバーヘッドは弟の健太です。 兄弟では唯一の大卒(早稲田の政経)で、私と同じくプログラマで生計をたてています。 ダンスが趣味で夜な夜な渋谷のクラブで踊ってます。 最近、流行しているソーシャルゲーム分野で頑張っています。独身。 帽子をかぶったチャラチャラしたのは甥(姉の長男)の飛翔です。 私と同じ誕生日でちょうど25歳違い。現在、高校生。 オール1だった成績が、1が1つだけになった!と騒いでました。(笑 女の子には結構もてるようです。 その手前も甥(姉の次男)で、現在中学生の湧希。 一時期ブクブク太っていたのですが、ここ1年で10cm伸びたそうでなんとか見られる体型になってきました。 兄よりは賢く、ものおじしない性格なので将来が楽しみです。さてさて。 「オレは日本人だから英語はいらない」 と、昔、私が言っていたのと同じこと(後悔していることNo1)を発言していたので、 健太と一緒に「いや、英語は絶対まじめにやっておいたほうが良い」と指導しておきました。 手前の小さい子は姪(姉の長女)のさくら。 母子家庭で育っているわけですが、うちの母から愛情をたくさん注がれています。 「高い高い」をするととても喜んでくれます。幸せになって欲しい。 私の隣は、波乱万丈の人生を送っている姉。タフで楽観的です。 そして、私を育ててくれた、母、父、叔母。感謝です。 2日には野球部の同期・先輩とも食事しました。 いい正月でした。^^ <写真に写っている人の説明> 後列の左から母、叔母、弟、甥(姉の長男) 前列の左から私、姉、姪(姉の長女)、父、甥(姉の次男)です。

2010年の総括と2011年の所信表明

2010年は、とても良い年でした。感謝! 4月末に4年暮らした中国から帰国しましたが、それも含めてほぼ計画どおりに進みました。 「計画どおり」なんて書くと私の努力だけで達成したような印象を与えるかもしれませんが、 もちろんそんなことはなく、成果の多くは周囲の協力、幸運に恵まれてのことです。 妻はもちろんお互いの家族そしてネコ軍団も大過なく。仕事の取引先にも恵まれて、、、 本当に感謝です。m(__)m 2011年も「感謝」を忘れず、慢心せず、自分のベストを尽くしますので、 どうぞよろしくお願いします。 で、、、 昨年授かった幸運の中から1つご報告です。 既に妻の日記でご存知の方もいるかと思いますが、、、 子どもができました。^^ 教科書に従うと明日から安定期(5ヶ月目)に入ります。 予定日は6月22日です。 こないだエコーを見てきました。 3頭身くらいでしょうか。 心臓がピコピコ動いてました。(脈拍150くらい?) 父親似でとても賢そうでした。(笑 昨年から、友人が出産ラッシュでしたし、私もいい年なので あまり深く考えずに 「子どもが欲しい!絶対いい父親になれる!」 なんて全く根拠なしの主張をしていましたが、 実際に妊娠が判明して、妻が用意してくれた多くの出産・育児書(マンガ多数)に目を通して、 そんな簡単なことではないと思い知らされました。 流産の可能性はもちろん、重度の障がいや病気を持った子どもの闘病記や育児記なども読んで覚悟ができました。 まだまだ、どうなるかわかりませんが、まずは悔いのないよう出産まで妻を支えていきたいと思います。 力みすぎ???(^_^;) ちなみにこれらの読書の副産物として、こうして元気に生きていることが奇跡に思えました。 昔から「何か見えない力に守られている」という感覚はあるのですがその思いがさらに強くなりました。 今はまだまだ自分達のことで精一杯ですが、 中長期的には何かを社会に還元していけるようになりたいなぁと考えています。 仕事のほうも順調です。 技術的にもまだまだ通用しそうですし、取引先にも恵まれて経済的な不安は当面無くなりました。 期待を裏切らないよう頑張ります。 前述した生活のための仕事は週4日(週休3日)でやらせてもらっています。 残りの時間は、ライフワークと位置づけている プラットフォーム開発(ラーニング+ソーシャル+リクルート)にあてています。 まだまだ最低限の機能・コンテンツを実装しただけですが、 それでもほぼ毎日利用してくださっている方もいらっしゃいますし、 SEOをしていないのに、毎日のように検索エンジンから新しい利用者が増えています。 年内に最初の沸点が来ると思いますので、 それに備えてインフラ整備やコンテンツパトーナーとの協業を推進中です。 少なくない金額を持ち出しており、そろそろ収益化を考えないといけませんが、 このプラットフォームを社会貢献につなげていきたいです。 という感じで、どうやら一生退屈しないですみそうです。 長くなりましたが、まとめると、、、 感謝を忘れずに、プラス受信で、慢心せず、ベストを尽くす! この姿勢で頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。 最後に、、、お母さんありがとね。息子は頑張ります!